一番有名なマーライオンを観光

マーライオンと言えばシンガポールを象徴する建造物です。実はこのマーライオン、一番有名なものがマーライオンパークにあるのですが、ガイドブックや旅行雑誌で見るよりは意外と小さいという事で旅行者がガッカリしてしまうことも少なくありませんでした。そこで新しく造られたシンガポールのリゾート地であるセントーサ島のマーライオンは、なんと高さ37mの超巨大マーライオン!一番有名なものが8m程という事を考えると、シンガポール政府の本気度がうかがえますね。しかもこの超巨大マーライオンは、口から煙を吐き、夜になると目からレーザー光線が出るという優れもの。シンガポールの新たな象徴として世界中の観光客から人気が集まってきています。

実は5体もいるシンガポールのマーライオン!

あまり知られていませんが、実はシンガポールには5体ものマーライオンがいます。一番有名なマーライオンとその後ろにミニサイズのものが一体。そしてセントーサ島、マウントフィーバーの山頂、シンガポール観光庁の敷地内に一体ずつマーライオンが建っています。ガイドブックではあまり取り上げられることもないので知らない人も多いかも知れませんが、時間に余裕がある人ならマーライオン探索をしてみるのも面白いかもしれません。ちなみにセントーサ島にあるマーライオンはタワーになっていて、タワー内に入ることも可能です。展望台にもなっている口の部分からはシンガポールの夜景を一望することもでき、デートスポットしても非常に人気の高い場所になっています。