時間や他の車の存在を気にすることがありません

バイク旅の醍醐味は、時間にとらわれず、自由な計画が組めることです。特に地方に旅行に行くと公共交通手段が少なくなります。乗換駅で数時間待ちが発生することも珍しくありません。しかしバイクに乗れば好きなタイミングで出発できますし、自動車にありがちな渋滞に巻き込まれることもありません。危険なすり抜けは慎むべきではありますが…。 また、気に入った景色を見つけたときは、その場所で停車することが容易です。片道1車線の細い道路でも、後続の車を気にせずに景色をゆっくり楽しむことができます。車体幅の細いバイクならではの、贅沢な楽しみ方です。水平線に沈む夕日や山岳道路の美しい紅葉、自然が作る雄大な景色があなたを待っています。

意外とリーズナブルに旅に出られます

旅をする上で高速道路の料金がネックになりがちですが、バイクは機動性が高いことから、夕方などに都市部を走る場合、一般道を走る方が早く進むことがよくあります。つまり自動車よりも高速道路の使用を抑えることが可能であると考えられます。またバイクは軽自動車の区分になり、ETCを装備することでさらに料金が安くなるでしょう。 燃費についても向上していますので、排気量が小さめのバイクではガソリン代があまり気になりません。一日走っても数千円程度に収まり、楽しみたい部分に多くのお金をかけることができますので、お得に旅ができます。 春になると、風をきって走ることが本当に心地よいものです。自然の美しさを心行くまで感じられるバイクの旅に出てみませんか?